エクセル関数擬人化

Excel関数 LEFT関数を擬人化キャラクターで簡単解説 機能や使い方を簡単に説明

今回の記事ではテキストを操作するエクセル関数LEFT関数について紹介します。 エクセルの業務を行う上ではセルに入力されたテキストを抜き出したい、加工したいといった状況がしばしば発生します。 そういった状況で非常に役に立つのが、LEFT関数です。
エクセル関数擬人化

【関数ちゃん】エクセル関数 VLOOKUP関数 機能と使い方について擬人化キャラクターがかんたんに解説

この記事では垂直方向に照合を行うエクセル関数、VLOOKUP関数の機能と使い方について擬人化キャラクターとの会話を用いながらかんたんに解説します! 単体で検索とデータの取得まで一気にこなしてくれる、経理業務でも使用頻度が高いとても便利なエクセル関数ですので、使えるようになるときっと強い味方になってくれるはずです!
マクロVBA

個人用マクロブック 選択セルに循環する色を設定するマクロ ショートカット用VBAコードを公開します

エクセルでの業務を行っている際にセルに着色をしてチェックや照合を行ったことはありませんか? セルへの着色はリボンから行うとマウスの移動、ボタンを押下のステップを踏まねばならず、数セルならまだしも多くのセルに複数の色をつけたい時などは非常に手間と時間がかかります。 そこで私はエクセルマクロを個人用マクロブックに作成し、ショートカットボタンに登録することで業務を効率化しています。 この記事ではコードでできる業務効率化について説明し、エクセルマクロVBAコードを公開します。
エクセル関数擬人化

エクセル関数 AVERAGE関数を擬人化キャラクターで簡単解説 どんな機能?使い方は?かんたんインプット

この記事ではエクセル関数のAVERAGE関数について擬人化キャラクターを用いて解説します。 AVERAGE関数は指定したセル範囲に入力されている数値の平均を返すエクセル関数です。 業務資料を作成する上で平均値を求めるシーンに遭遇することは度々ありますので、使い方をマスターしておきましょう。
エクセル

エクセルマクロコントロールボタンのテキスト(キャプション)編集表示不具合と2つの対応策

エクセルのマクロ実行ボタンのテキスト(キャプション)を編集する際に、ウインドウ枠が固定されていると編集中にボタンのイメージが更新されず、視認できなくなるため編集しにくい問題が発生します。 この記事では対応策を2つ提案します。
エクセル

エクセル関数 INDEX関数の使い方や機能について擬人化キャラクターと漫画を用いてかんたんに解説します!

この記事ではINDEX関数について擬人化キャラクターで解説します。  指定した行列が交わるセルの値を返すシンプルな使い方から、他のエクセル関数との組み合わせで高度な使い方もできる優秀なエクセル関数ですので、この記事を読んでおおまかなイメージを掴んで頂ければ幸いです。
エクセル

ExcelVBA :=(コロンイコール)記号の順番の覚え方 以上や以下の<=や>=にも応用可能

エクセルVBAでメソッドの名前付き引数(ひきすう)に値を設定する記号「:=(コロンイコール)」ですが、:(コロン)が前なのか=(イコール)が前なのか、分からなくなる時がありませんか?  今回の内容は以上や以下を表す「<=」「>=」の=(イコール)をどっちにしたら良いのかを覚えるのに転用もできます。
エクセル関数擬人化

【関数ちゃん】エクセル関数 OFFSET関数を擬人化キャラクターで機能や使い方を簡単に解説

この記事では指定したセルから移動した位置にあるセルの値を表示させたり、セル範囲を返すことができるエクセル関数、OFFSET関数について擬人化キャラクターを用いて解説します。 セル参照を用いて基準セルから移動する距離を指定できるので、面白い使い方もできるエクセル関数です。
簿記・会計

企業会計原則 一般原則の 7つの原則「しせしめけほた」語呂合わせでの覚え方をわかりやすく紹介 簿記会計資格受験対策

ここでは資格試験や実務で企業会計原則の一般原則を覚える必要がある方向けに覚え方をわかりやすく解説します。 かなり苦しいものではありますが、語呂合わせもイラスト付きで紹介しています。 7つの原則の頭文字「しせしめけほた」をいかに覚えるか そういったアプローチでの記事であることを念頭に、もしよろしければ続きをご覧下さい。
エクセル関数擬人化

エクセル関数 MATCH関数の使い方を擬人化キャラクターで解説 使い方や機能についてかんたんに解説します

この記事ではエクセル関数のMATCH関数について擬人化キャラクターで解説します。  INDEX関数との組み合わせによる高度な検索で非常に役立つ関数ですので、ぜひマスターしましょう!  尚、この記事ではINDEX関数との組み合わせについては言及せず、MATCH関数単体について扱いますのでご了承下さい。
タイトルとURLをコピーしました