エクセル

【エクセルTips】IF関数でワイルドカードを使う!?COUNTIF関数とのネストを紹介します!

IF関数の第一引数[論理式]では「〇〇から始まる文字列ならなんでも」、「〇〇を含む文字列ならなんでも」または「〇〇から始まって任意の3文字が続く文字列ならば」といったワイルドカードを使うことができません。 しかし、COUNTIF関数との組み合わせでワイルドカードを使うという手段がありますので、この記事で紹介します!
エクセル関数擬人化

【Amazonで電子版が半額¥880 10月12日まで!】【関数ちゃん】関数ちゃんが本になりました!!

当記事のメインコンテンツであるExcel関数擬人化の「関数ちゃん」の本が2023年3月14日に発売されます! 「できるシリーズ編集部」様(インプレス)との共著となります。 実務でよくあるシーンに関数ちゃんが登場しながら、Excelの関数や操作、仕組みを学習していける内容になっています。 何卒、よろしくお願い致します!
エクセル

参照元セル、参照先セルへジャンプ(移動)するExcelのショートカットキーを紹介します【エクセルTips】

Excelの業務をしていると、あるセルの参照元セル、参照先セルを確認するのに移動することがあります。 参照先はもちろん数式に記載されているので、その場所を見に行けば済むのですが、なかなかに面倒です。 今回紹介するショートカットキーは、セルにカーソルを合わせた状態で押せば参照元セル、参照先セルに移動することができます。
エクセル

文字の入力中に文字の種類を変更するファンクションキーとショートカットキー(Windows)の一覧【エクセルTips】

入力中に文字の種類を変更できると、入力モードの変更が省略できるので、タイピングが効率化することがあります。 元から狙いの文字種にしておくというのも手ですが、それが面倒な場面で役立ちます。 入力中の文字種を変更する方法はファンクションキー単体を押下する方法とショートカットキーを押す方法があります。
エクセル

セル範囲から値を探して該当するセルの行番号と列番号を返す数式を紹介&解説します!【エクセルTips】

『Excelで10✕10セルのセル範囲に入っている整数から検索値を探して、見つけたセルの行番号と列番号を返す』 こんな数式ありませんか?というのをTwitterで見かけて数式を考えてみました この記事ではセル範囲から検索値を探し座標を返す数式について図を使って解説します!
エクセル

大文字と小文字を区別してVLOOKUP関数のような検索・表引きをする数式を紹介、解説します【エクセルTips】

人気、機能ともにトップクラスのExcel関数VLOOKUP関数ですが、実は検索の際に大文字と小文字を区別できないという欠点があります (VLOOKUP関数にとっては『Aa』も『AA』も同じなのです) しかし!大文字と小文字を区別してVLOOKUP的なことがしたいケースもあると思うので、この記事で数式を紹介します!
エクセル

SHEET関数を使った簡易的な差し込み印刷の方法を紹介します!VBAマクロ不要でかんたんです!【エクセルTips】

Excelの同じシートを一部分だけ変更して何度も印刷するのが面倒なので効率化したい。 そんな時はWordの差し込み印刷機能を使用するか、VBAマクロで実装となりますが、ワークシート関数の知識とかんたんな操作で手軽に差し込み印刷と同じことができる方法があります!
エクセル

無人島に連れていく(?)ならこのメンバー!優先してマスターしたいExcel関数の擬人化記事を紹介します!【関数ちゃん】

筆者が主要だと考える8つの関数と習得順について、関数ちゃん(Excel関数擬人化キャラクター)を用いて紹介します! 各関数を紹介する個別記事へのリンクを貼っていますので、詳しく知りたい関数については個別の記事を読んでみて下さい。 各関数に簡単な紹介を付けていますので、よかったら参考にしてみてくださいね。
エクセル

置換機能のワイルドカード指定を使って、括弧で括られた文字列を一括で削除する方法などを解説します!【エクセルTips】

Excelの置換機能は一括で文字列を変換できる強力な機能です! 置換機能は置き換える以外にも削除するのにも使用できることを知ってから筆者の作業効率が上がりました。 更に便利なのが「検索する文字列」にワイルドカードを使用する使い方で、対象の絞り込みが圧倒的に楽になります!
エクセル

RIGHT関数 擬人化キャラクター解説!エクセル関数の機能や使い方を図やイラストでかんたんに説明します!【関数ちゃん】

Excelでは文字列を編集したいという場面に度々出くわします。 この記事では文字列を操作する関数の1つ、RIGHT関数を擬人化キャラクターを用いて解説します! RIGHT関数は文字列の右側から指定した文字数分の文字列を抽出するシンプルな機能ですが、活躍の場面は多い関数です!
タイトルとURLをコピーしました