NOW関数 擬人化キャラクター解説!エクセル関数の機能や使い方を図やイラストでかんたんに説明します!

エクセル関数擬人化

はじめに

「現在の日時を自動でセルに表示させたい!」
Excelのショートカットキー『Ctrl + ;』で現在の日付『Ctrl + :』で現在の時刻を入力することができますが、更新を手作業で行わなくてはなりません。
こういったシーンで活躍するExcel関数がNOW関数です。
現在の日時を返してセルに表示し、特定のタイミングで自動更新をしてくれます。
この記事ではエクセル関数NOW関数について、関数の擬人化キャラクターのイラストや図を用いて簡単に解説します。

最後に実際の使用例を紹介していますので、参考にして頂ければ幸いです!

エクセル関数 NOW関数擬人化キャラクター

シノ
シノ

キュウさん、今日はちょっと特殊なエクセル関数を紹介しますね。

キュウ
キュウ

特殊・・・ですか?

シノ
シノ

はい、今日紹介するのはNOW関数といって現在の日時を返すエクセル関数です。

キュウ
キュウ

NOW関数・・・。
それで、他の関数とはどこが違っているんですか?

シノ
シノ

それはNOW関数ちゃんご本人に教えてもらいましょう!

NOW関数擬人化キャラクター
NOW
NOW

現在の日時をお伝えします。2021年7月13日13時02分です。

キュウ
キュウ

え、いきなり!?

シノ
シノ

せっかちですねえ。

NOW
NOW

私はNOW関数です。現在の日時を返し、セルに表示するのが仕事です。

キュウ
キュウ

はじめまして!
あれ、そういえば引数は・・・?

シノ
シノ

NOW関数ちゃんは引数を必要としないエクセル関数です。
だからせっかちなんですね。

NOW
NOW

現在の日時は時計を見れば分かりますからね。
エクセルのワークシート上でどんな仕事をしているのか説明しますので、下の図を見て下さい。

NOW関数 画面イメージ
[例で使われている数式]
=NOW()
=NOW()+0.25
=NOW()+10
NOW
NOW

この図では私はセルD3に現在の時刻を表示しています。

キュウ
キュウ

本当に『=NOW()』で良いんですね!!

シノ
シノ

引数が必要ない関数はNOW関数ちゃんだけではないですが、特殊な感じがしますよね。

NOW
NOW

続いて、セルD4には現在日時から6時間後の日時、セルD5には現在日時から10日後の日時を表示しています。

シノ
シノ

時間の加算には少しコツがあって、24時間を1としたときの数値で加算します。6時間は24分の6で0.25となります。
日数の加算はそのまま数値を加算するので分かりやすいですね。

キュウ
キュウ

LEFT関数さんの時に出てきたシリアル値ですか?

LEFT関数 擬人化キャラクター記事
シノ
シノ

よく覚えてましたね、その通りですよ!

NOW
NOW

仰るとおり、私は現在の日付と時刻に対応するシリアル値を返します。
なので、加算減算をする場合にもシリアル値を用いる必要があります。

キュウ
キュウ

種類を合わせないと計算できませんもんね!
・・・NOW関数さん、ひとつ聞いていいですか?

NOW
NOW

なんですか?

キュウ
キュウ

1分経過したのに、セルに表示された日時の分が更新されません・・・。
どうしてですか?

NOW
NOW

それは、表示を更新するタイミングがあるからです。
エクセルブックを開いた時、再計算を実行した時、印刷した時の3つです。

キュウ
キュウ

いまは何もしていないからセルの表示が更新されないんですね!

シノ
シノ

逆にそれらの3つのタイミングで自動的に更新してくれるから便利なんですよね。

キュウ
キュウ

たしかに、毎回打ち込まなくて済むのは助かりますね!

NOW
NOW

セルの表示形式を変更すると分かりますが、じつは秒単位で現在の日時を返しています。
秒の経過ごとに表示を更新していたら大変なことになります。

キュウ
キュウ

たしかに・・・。

シノ
シノ

セルに入っているのは「=NOW()」という数式なのに、時間の経過でセルの内容が変化するのは面白いと思いませんか?

キュウ
キュウ

そこが他のエクセル関数とは違うんですね。
データを一切触っていなくても返す値が変化するのは不思議な感じがします。

NOW
NOW

不思議・・・ですか、なるほど。

シノ
シノ

すごく働き者とも言えますね!

NOW
NOW

今から睡眠をとりますので、エクセルブックを開く、再計算を実行する、印刷する時に起こしてもらえますか?

キュウ
キュウ

・・・そうでもないのかな?

NOW関数の職場見学

NOW関数の実用例として、表に入力された日付、時刻と現在の日付時刻の前後(シリアル値の大小)を判定して、IF関数とのネストで判定に応じたメッセージを表示させるエクセル関数式を紹介します。

シノ
シノ

NOW関数ちゃんが実際にどのような場面で活躍しているのか、見てみましょう!
もう少しだけ付き合ってくださいね。

キュウ
キュウ

たのしみです!

NOW関数の職場見学 勉強会の予定表
[使用例の数式]
=IF(B4+C4<NOW(),"終了しました","予約可能")
シノ
シノ

この図の表はブックを開いた時点で記載されている勉強会の予定日時がすでに経過しているかどうかをD列に表示するようになっています。

NOW
NOW

日付と時刻を足し算して現在の日時のシリアル値にすることで、私の返す現在の日時との比較が可能になっています。
日付が文字列だと上手く機能しないので注意が必要です。

シノ
シノ

何もしないとNOW関数ちゃんが返す日時は更新されないので、何時間も開きっぱなしにしていると表示と実態が食い違ってしまいます。
注意しましょう!

キュウ
キュウ

更新されるのはブックを開いたとき、数式の再計算をしたとき、印刷をしたときの3つのタイミングでしたよね!
わかりました!

おわりに

この記事では現在の日時のシリアル値を返すエクセル関数NOW関数について解説しました。
引数が不要、外部からの変更なしに返す値が変わるといった、少し変わったエクセル関数です。
凄く身近に感じつつも、いざ用途となると意外と思いつかない関数でもありました。
こんな時に重宝している、凄く便利といった情報がありましたら教えて頂けると嬉しいです。
それでは、最後まで読んで頂きありがとうございました!

【内部リンク】エクセル関数 CONCAT関数擬人化キャラクター記事

【外部リンク】Microsoftサポート NOW関数

コメント

タイトルとURLをコピーしました